圧着ハガキの開け口

圧着ハガキを作成する前に確認しておきたいポイント

ダイレクトメールよく見かける圧着ハガキ、そのメリットは普通ハガキの2倍から3倍の情報量を盛り込めるのに郵便料金は普通ハガキと同様である点です。
しかしそのためには「郵便はがき」あるいは「POSTCARD」という表記をハガキそのものに入れなければなりません。この表記がなければ、封筒と同じ郵便料金がかかってしまいますのでご注意ください。
またこの表記を入れる場所にも決まりがあります。上部か左側中央がそれにあたります。したがってデザインを考える時にはこの表記の場所にも注意しておく必要がありそうです。
また広告郵便物として承認されるにも細かい規定がいくつかあります。その規定に沿わないものは広告郵便物として割引が受けられません。
このように圧着ハガキのダイレクトメールを作成するにも色々クリアしなければいけない点があって、慣れない方には大変です。
そこで作成は専門業者に依頼するのが良いでしょう。ダイレクトメール作成印刷の専門業者ならデザインや文字のレイアウトの相談もできますし、広告郵便物の申請も依頼できます。さらに宛名の印刷から発送までまるごと任せられるため、慣れない方でも簡単に圧着ハガキのダイレクトメールが作成できます。

更新情報

ニュース一覧